自己紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業、
武蔵野音楽大学大学院修了、東京二期会正会員・代議員

声楽家として生きている飯田康弘です。
ピアノを3歳から始めたのがきっかけで、ここまで音楽の道を歩んできました。
高校時代は、コンクール全国大会常連の合唱部に所属しながら、作曲を学んでいました。
高校の合唱部は、女声合唱として有名で、男性の在籍人数も少なかったのですが、私の学年が3年生になったとき、
私が同級生を何人か引き入れ、混声合唱としてコンクール出場を果たし、初混声として初全国大会出場となりました。

大学は、愛知の山の中にある公立大学に通いました。
主に歌曲を学び、練習時間はピアノばっかり練習していた時期もある気がします。
在学中、メトロポリタン歌劇場の日本公演で、パヴァロッティを見たことをきっかけに、
オペラにも多少興味を持つようになりました。
大学中は、チェーン店の洋服屋で販売員のバイトを行い、これをきっかけに人柄が変わった気がします(笑)

大学卒業後、イタリアのフィレンツエにわたりました。
様々な分野からの留学生とともに暮らし、学び、マスタークラスの参加や、個人レッスンなどで
ドイツのシュトゥツガルトやシュタイナウまでレッスンに行ったり、ミラノに行ったりしました。

その後、武蔵野音楽大学大学院に進学しました。
大学院というのは、学部からの進学者がほとんどで、また公立大学と私立大学の差というのも感じつつ
戸惑いながらなんとか2年間を終えました。この大学になじむまではいかなかったきがしますが・・・
大学院で指導していただいた近藤伸政先生との出会いは、人生の中でも貴重な出会いの一つであったし、
多くの音楽家と出会う場ともなりました。

大学院卒業後は、一般企業で働きながらオペラ研修所に通い始めました・・・

(以下工事中・・・・・・・w 2016/03/21)

イタリアにて


主な演奏歴

海外演奏
イタリア
ロッシーニ「スターバト・マーテル」
ハンガリー
オルフ「カルミナ・ブラーナ」
オーストリア
ウイーン内のカフェや、サロンにて行なれているオペレッタコンサート
ウイーン第三区音楽祭
このほかドイツや、フランスでのサロンコーサートや教会コンサートなど
数多くの出演を行っている。

国内演奏
ソリスト
シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」 指揮:クリスティアン・ハンマー (舞踏教師・ブリゲッラ)
吉岡弘行「ひかりのゆりかご」 指揮:坂本和彦 東京フェスティバルオーケストラ
ヴェルディ「トラヴィアータ」 宮本亜門演出 指揮:アントネッロ・アッレマンディ 東京フィルハーモニー交響楽団
モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」 指揮:高関健 東京交響楽団
モーツァルト「フィガロの結婚」 指揮 セルジョ・ソッシィ
プッチーニ「ジャンニ・スキッキ」リヌッチョ役 指揮 星出豊
ドニゼッテイ「ランメルモールのルチア」(全幕全役)
三木稔「じょうるり」徳島県文化振興財団主催
モーツァルト「魔笛」

ハイライト ソリスト
レハール「メリー・ウイドウ」カミーユ
マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」
プッチーニ「蝶々夫人」
プッチーニ「ボエーム」
ドニゼッテイ「愛の妙薬」
ドニゼッテイ「リタ」
ビゼー「カルメン」

合唱
マスカーニ「イリス」(武蔵野音楽大学)
ワーグナー「パルジファル」(二期会)
プッチーニ「トゥーランドット」(二期会)
ガラコンサート(ソフィア歌劇場)
ドニゼッテイ「ランメルモールのルチア」(マイリンスキー歌劇場)
ルチア役 ナタリー・デッセイ

北海道、宮城、福島、関東地方各県、
大阪、名古屋、熊本県などでコンサートにソロ、合唱として出演

ナクソス

Tenor Yasuhiroiida

_DSC87981